RSS
Admin
Archives

ムゼオ・ブログ Museo-blog

滋賀県草津市 エイジングケア美容室 ムゼオの店主ブログです

プロフィール

 店主 みずたに

Author: 店主 みずたに
Museo(ムゼオ)とは イタリア語
『美術館』という意味

時が経つのを忘れるぐらい
のんびり出来る場になれば!!

そんな想いの美容室です。

時間のゆとりあるとき
ぜひ来てください。

〒525-0028
滋賀県草津市上笠2-17-6
アーバス草津1F
phone 077-567-2436
close Sunday・Monday
他 不定休の休日あり

完全予約制

GoogleMaps
ムゼオLINE@
LINE@からもご予約できます(^^)
友だち追加数
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
ご予約・お問い合わせ
このフォームにご記入頂きましたお名前・メールアドレス等は、私どもにしか見ることが出来ません。 どうぞご安心の上、ご記入くださいませ。 

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.02
27
CM:0
TB:0
06:27
Category : 髪のはなし
ようこそムゼオブログへ! 今日もお越しいただきありがとうございます。


シャンプーとボディソープ(石鹸)、何がどう違う
久しぶりの美容ネタです

ボディソープで髪を洗うと髪はギシギシになります。
理由はふたつ

ひとつ目は
石鹸はアルカリ性
それで髪を洗うと髪の表面をなめらかに覆う、さかなのウロコのような「キューティクル」が
花のように開いてしまいます。
表面が凸凹になるので手触りが悪くなるのですね

もうひとつ、
石鹸の成分が、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムと結びつき
細かい石鹸カスの固まりになります。
このカスは、水には溶けないので髪の表面、
アルカリで花のように開いたキューティクルの隙間や表面に残って、
そのまま乾くと、ゴワゴワした感触になります。

シャンプーもボディソープも水と油を混ぜ合わせて汚れを落とす(これを乳化すると言います)
界面活性剤の一種
シャンプーのほうは特に、「合成界面活性剤」と呼ばれ、アルカリ性の石鹸と違い
中性か、中性よりやや酸性寄りの弱酸性でできています。

これだと先ほどお話ししたように髪の表面のキューティクルを花のように開くこともないですし
石鹸カスも出なくなります。



「石鹸シャンプー」って自然派と言われるシャンプーがありますが
ご使用になられている方っていらっしゃいますか?
オーガニックがお好きな方は、ついつい手を出してしまいがちですが、あくまで石鹸です。
上記のように髪の毛がギシギシになります。
使用後は、酸性の専用リンスで石鹸カスを溶かし、完全に洗い流して
開いたキューティクルを引き締めてあげたほうがいいですよ。
ちなみにこの「石鹸シャンプー」僕はボウズ頭の男性以外はお勧めしません


逆にシャンプーでカラダを洗ったらどうなりますか?
今夜、一度試してください。
肌がヌルヌルになります。
特に一般に市販されているシャンプーだと、髪をさらさらにする成分がたくさん入っているので、
それが残って肌がニュルニュルになります

ボディソープで洗った肌は、「キュッキュッ
こうじゃないとね