RSS
Admin
Archives

ムゼオ・ブログ Museo-blog

滋賀県草津市 エイジングケア美容室 ムゼオの店主ブログです

プロフィール

 店主 みずたに

Author: 店主 みずたに
Museo(ムゼオ)とは イタリア語
『美術館』という意味

時が経つのを忘れるぐらい
のんびり出来る場になれば!!

そんな想いの美容室です。

時間のゆとりあるとき
ぜひ来てください。

〒525-0028
滋賀県草津市上笠2-17-6
アーバス草津1F
phone 077-567-2436
email ciao@museo.jp
close Sunday・Monday
他 不定休の休日あり

完全予約制

GoogleMaps
ムゼオLINE@
LINE@からもご予約できます(^^)
友だち追加数
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
ご予約・お問い合わせ
このフォームにご記入頂きましたお名前・メールアドレス等は、私どもにしか見ることが出来ません。 どうぞご安心の上、ご記入くださいませ。 

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.03
31
CM:0
TB:0
19:39
Category : 店主ひとり言
ようこそムゼオブログへ! 今日もお越しいただきありがとうございます。

昨日の続きです。
白浜で1泊し翌日は、『アドベンチャーワールド』で経済をまわしました
(大袈裟やちゅうねん

こちらの目玉はなんと言ってもパンダ

DSC_1018.jpg

その中でも昨年、ここで生まれた双子のパンダ
兄「海浜(カイヒン)」、妹「陽浜(ヨウヒン)」

IMG_4361.jpg

こちらは陽浜ちゃんです
木の枕をして寝ながら哺乳瓶でミルクを飲みます
も~めっちゃくちゃカワイイかった



サファリワールドという肉食・草食動物が半放し飼いになっている箇所
バスやジープで回るのが普通ですが、
僕たちは動物たちを身近に感じ、エサをあげたりしながら徒歩でまわりました。

IMG_4398.jpg

肉食動物の飼育スペースでは、反対に僕たち人間が檻に入って観察されます。


DSC_1029.jpg

キリンのアップ アップ過ぎる~
素手でちゃんとエサあげてきましたよ。
はじめは人差し指と親指でエサをつまんでキリンに差し出します。
キリンが食いつきに来ると、こっちはその大きさに圧倒されて
ついつい腕を引いてしまいます コワ~イ(?_?)

気持ちを入れ替え、手のひら上にエサをおいて
「さあ召し上がれ!」
キリンの大きな舌が、僕の指先から手首までベロっとエサを巻き込みながら通過していきます
う~ん、ナマあたたかい



IMG_4378.jpg

IMG_4382.jpg

IMG_4392.jpg

こちらのサイ君
ちょうどこの日の前日テレビ番組でタレントの出川哲郎さんがサイとキスする
なんてやってたので何か親近感を覚えます。
僕もキスしようかと思いましたが、サイがホレるとイケませんので断念
人間の女性にはモテませんが、動物には結構モテるんです(^^♪


IMG_4406.jpg

春休みであること
またアドベンチャーワールドは双子パンダの公開や
震災で王者「ディズニー・リゾート」の閉園が続いているせいもあるのでしょう。
大変賑わっていた南紀白浜でした。

でも僕を含め、観光地に出掛けている誰もがきっと
「ちょっと後ろめたい気持ち」
心のどこかで持っていたと思います。
コレ本音(・・;)

サービスをされるホテルやアドベンチャーワールドのスタッフの方々も
同じ気持ちかもしれません。


日本がこんなに大変な時に不謹慎かと思われますが
東北の知事が言うように、
今、私たち西日本の人間が使うお金
それが日本経済を止めることなく動かし
まわりまわって被災地のためにもなる。

こんな時こそ、私たち西日本の人間が引っ張らないとダメです!
震災前のことを思い出してください。
ただでさえ円高と原油高、国や自治体の債務超過での増税、オマケに就職難など
すでに私たちの生活は崖っぷちを迎えていました。
ここで自粛していては、本当に「the END」

明るい未来を私たちが築き上げる!!
そんな気持ちを持って、私たち西日本の人たちがリードを取って引っ張りましょう!

不安を感じ買いだめしたり、お金を貯め込んで使わない方が
よっぽど不謹慎になるかもしれません
義援金も大切ですが、お金を使って世の中をまわしましょう!
それが被災地にも必ず届きますから。
そう思いませんか?



残念ながら起きてしまったことはもう戻れません。
「災い転じて福となす」って言葉がこの国にはありますよね。
良い方向に転換するように、みんなで心がけましょうよ。