RSS
Admin
Archives

ムゼオ・ブログ Museo-blog

滋賀県草津市 エイジングケア美容室 ムゼオの店主ブログです

プロフィール

 店主 みずたに

Author: 店主 みずたに
Museo(ムゼオ)とは イタリア語
『美術館』という意味

時が経つのを忘れるぐらい
のんびり出来る場になれば!!

そんな想いの美容室です。

時間のゆとりあるとき
ぜひ来てください。

〒525-0028
滋賀県草津市上笠2-17-6
アーバス草津1F
phone 077-567-2436
email ciao@museo.jp
close Sunday・Monday
他 不定休の休日あり

完全予約制

GoogleMaps
ムゼオLINE@
LINE@からもご予約できます(^^)
友だち追加数
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
ご予約・お問い合わせ
このフォームにご記入頂きましたお名前・メールアドレス等は、私どもにしか見ることが出来ません。 どうぞご安心の上、ご記入くださいませ。 

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.05
30
CM:0
TB:0
05:53
Category : 店主ひとり言
ようこそムゼオブログへ! 今日もお越しいただきありがとうございます。

先日、自転車のヒルクライムレースに出るお話をさせていただきましたね。
詳しい話は前々回のブログ記事を⇒「512 ちょっくら出てきます」
今日のタイトルの意味もこれ見ていただければ意味わかるかも?!

今日、この記事は書く予定がなかったのですが
まわりの方々やゲストのみなさんから
「出てたの?」
「結果どうでした?」
「今度はコケなかった?」
とか、いろいろ聞かれるのでブログ読者の中にも
気に掛けて頂いている方がおられるかなと勝手に想像しまして
書かせていただいております(^^ゞ



当日は天候にも恵まれ気持ちの良い1日でした。
自宅のある野洲から、レース会場がある大津市仰木まで
琵琶湖大橋を渡り約35分かけて自分で走って行きました。
ウォーミングアップにちょうど良し!

受付済ませて即スタート地点へ移動
あいかわらず、男ばっか
汗臭い、男臭い、、、

DSC_2669.jpg
__ 1
(スタート前 友人撮影)

奥比叡ドライブウェイ仰木料金所から比叡山頂を目指します。
本番レースは何の問題なく楽しめました。
楽しめたと言っても延々山登りですからね。
そりゃ~しんどいですよ。めちゃめちゃ。
スタート直後から勢いよく飛び出し、ちょっと調子に乗り過ぎた分、
後々堪えましたが、後悔ないようにと、ひたすらペダルを回しました。
ハァ~ハァ~ヒィ~ヒィ~で心拍計の数字はMAX!!

タイムは残念ながら前回とほぼ同タイム
出来れば2分は縮めたかったのですが、、、これは致し方のないこと。
悔しいですが、ベストを尽くしたのですからネ。

たった10kmの距離ですがゴールした時には
足の感覚、マヒ状態(@_@;)
__ 3
(友人撮影)


ゴール付近はとても狭いので、
表彰式などが行われる比叡山延暦寺のバスターミナルまで
また自転車で移動
(選手は無料で延暦寺に参拝できます。僕は行きません。)
__ 2(2)

延暦寺バスターミナル
ここでは我が家の家族が待っていてくれました。
うちの子どもたちと一緒に、なぜか?!お友達も来ています。
総勢5人の大応援団?!です。

IMG_5598.jpg
(家族撮影)

家族が用意してくれていたのはキンキンに冷えたスポーツドリンク
それから「今回もあるかな?」 と期待していた愛娘お手製のメダルも、、、
やっぱりありました!!
前回はトラブルあって会場で受け取れなかったメダル
2012バージョンにグレードアップしています!!

一緒に出場した僕の友人の分も
ちゃんとメダルを用意してくれています。
さすがは商売人の娘。気が利くやん!
人を喜ばすことの大事さ、わかってるやん!
オヤジのお友達も大事にしてくれます。
ありがと!


表彰式
もちろん本当の上位入賞はまったくもって論外なので
僕ら内輪だけで「勝手に表彰式」をやって盛り上がります。

まずは愛娘より幼馴染の友人へメダルの授与です!

IMG_5599.jpg
おめでとう! 
自転車始めてまだ数カ月なのに良く頑張りました!!


今度は僕の番
メダルのほかに、子どもたちからのkissも
IMG_5603.jpg
IMG_5605.jpg
IMG_5606.jpg

この後は、家族と別れ上がってきたコースを麓まで
選手はゆっくり下りて、そこで自然解散。
友人ともここで別れ、僕はまたひとり自宅まで走って帰ります。

天気も良いし、琵琶湖からの風も適度に吹いてキモチイイ
昨年の忘れ物、落としてきたモノを全部拾い上げて
清々しい気分で帰宅の途についた次第です。

DSC_2694.jpg

コースには選手たち以外は立ち入り禁止なので
レース中の写真はありません。
(えっ、見たかった?)