RSS
Admin
Archives

ムゼオ・ブログ Museo-blog

滋賀県草津市 エイジングケア美容室 ムゼオの店主ブログです

プロフィール

 店主 みずたに

Author: 店主 みずたに
Museo(ムゼオ)とは イタリア語
『美術館』という意味

時が経つのを忘れるぐらい
のんびり出来る場になれば!!

そんな想いの美容室です。

時間のゆとりあるとき
ぜひ来てください。

〒525-0028
滋賀県草津市上笠2-17-6
アーバス草津1F
phone 077-567-2436
close Sunday・Monday
他 不定休の休日あり

完全予約制

GoogleMaps
ムゼオLINE@
LINE@からもご予約できます(^^)
友だち追加数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
ご予約・お問い合わせ
このフォームにご記入頂きましたお名前・メールアドレス等は、私どもにしか見ることが出来ません。 どうぞご安心の上、ご記入くださいませ。 

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.11
22
CM:0
TB:0
16:45
Category : 今日のムゼオ
ようこそムゼオブログへ
今日もお越しいただきありがとうございます(^^)

日中とても暖かかった草津
ムゼオ前の通りのイチョウ並木
かなりキレイな色具合であります。

IMG_4863.jpg

IMG_4862.jpg



話は変わりますが、、、

ネットで東洋経済新報社の
ビジネス記事を読んでおりますと
「おもてなし」の本当の意味について、こんな一節が。。。


茶道を引き合いに出し、『おもてなし』とは
「亭主は、客のために一身に濃茶を練り、
その心を感じ取った客は心から感謝の気持ちを礼に込める」
と書かれています。

つまり「おもてなし」とは、
サービスする側に、まず客を思いやる気持ちがあり
客もその厚意を感じてサービスに対し感謝する。

「互いに心地よくなるための心遣い」であったということだ。



一方通行じゃないんですね(´・ω・`)


日本のサービスは過剰⁈ って言われて久しいですよね⁈
おまけに客なら店側に、無理難題を言ってもイイみたいな
この国の中で一般的な「お客さまは神様です」的な考え
現在のこの不平等なお客とサービス提供者の関係は、
本来の日本人ならでわ、わびさびのわかる私たち民族が
「おもてなし」の精神とは真逆に位置しているんだと。

元々「おもてなし」とは

互いが心地よくなるための心遣いであったこと 

と考えると

私たちムゼオは、正に『おもてなし』

ここで働く私たちスタッフがゲストに感謝し
ゲストも、私たちの仕事と存在に感謝の言葉を投げかけてくださる。

ありがたいです
マジで思います

なんとイイお店なんでしょう☆彡

みなさまとのご縁に感謝であります(*^^*)



店主も生活者・消費者として一歩街に出れば
ニコニコ顔で気持ちのイイ「ありがとう!!」を
行く先々のお店で発するように心掛けていますが、
「おもてなし」の精神で考えると、
自分もまだまだ足らないことあり。。。

ちょっと勉強になった一節のお話でした~(^^)

IMG_4865_20161122163415e2c.jpg


関連記事

Comment

非公開コメント